メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

ホーム > 図書館について> 瀬戸市図書館友の会

瀬戸市図書館友の会

瀬戸市図書館友の会について

図書館友の会とは

私たちは図書館からの呼びかけによって、独自に図書館で活動をしていたグループや図書館でのボランティア活動を個人で考えていた人たちで平成11年1月に60名ぐらいで作った組織です。現在、約100名程度が会員となっており、比較的高齢の方が多く参加され、14名の世話人が毎月ボランティア室に集まり運営を行っています。

会則

友の会会則(平成24年4月改正)

活動内容について

おもな活動は、年4回の会報づくりと行催事の企画です。図書館ではいろんな方々の交流ができるようにと、いままで絵手紙教室・石ころに絵を描こうなど図書館まつりでも行事を企画してきました。今年はリサイクル・バザーが好評でした。
図書館というと個人で本を借りて読む施設というイメージですが、それはむかしのことで、いまはもっと活発に社会参加をする場として図書館をみてください。それは、図書館にある情報を活用して、ちょっと大袈裟ですが、考えようによっては地域の問題を解決するために市民の意識を高める事も可能なのです。

図書館の役割について

ヨーロッパなどでは、ある町に行ったとき、その町の図書館へいけばそこのおよその情報を得ることができるのです。日本と外国とでは歴史が異なりますが、図書館には図書館法というのがあって、堅い話で恐縮ですが、基本的人権としての知る権利を保障する唯一の公的機関なのです。普段はただで本が借りられる便利なところという意識ぐらいしか持っていない私たちには,あまりピンとこないものですが、なんかやっぱり無いと大変困るものなのです。
私たちの周りには便利で大きな本屋さんがたくさんありますが、ここでこれと図書館を比較してみますとどうでしょう。
本屋さんには、新しい本がいっぱい。雑誌なんかもたくさんあって、座って読めるところもあって便利だなあ。図書館なんかは古い本しかなく、雑誌も少ししかない。でもお金がないと本は変えませんよね?!その点、図書館は、借りるのタダ。
過去に読んだ本をまたよみたいというときには、さてあなたはどこへいきますか?図書館でしょう!調べる事に関しては図書館はベストなのです。生活の中で使い分けたらよいのです。

友の会会員になるには

図書館友の会は誰もが参加できます。高校生以下の学生の参加は無料で、それ以外のかたは年間1000円の会費で参加できます。いろいろな企画行事をやってみたいかたはぜひご参加ください。講演会・文化行事の企画などなど子育てに役立つものなど、あなたの参加をお待ちしています。毎月例会は、第3土曜日午後1時から図書館2階のボランティア室でおこないます。気軽に来てくださいね!

友の会加入案内

会報

2017_図書館友の会会報 №60 9月号

2017_図書館友の会会報 №59 6月号

2017_図書館友の会会報 №58 1月号

2016_図書館友の会会報 №57 9月号

2016_図書館友の会会報 №56 6月号

2016_図書館友の会会報 №55 1月号

2015_図書館友の会会報 №54 9月号

2015_図書館友の会会報 №53 6月号

2015_図書館友の会会報 №52 1月号

2014_図書館友の会会報 №51 9月号

2014_図書館友の会会報 №50 6月号

2014_図書館友の会会報 №49 1月号

2013_図書館友の会会報 №48 9月号

2013_図書館友の会会報 №47 6月号

2013_図書館友の会会報 №46 1月号

2012_図書館友の会会報 №45 9月号

2012_図書館友の会会報 №44 6月号

2012_図書館友の会会報 №43 1月号

2011_図書館友の会会報 №42 9月号

2011_図書館友の会会報 №41 6月号

2011_図書館友の会会報 №40 1月号

2010_図書館友の会会報 №39 9月号

2010_図書館友の会会報 №38 5月号

2010_図書館友の会会報 №37 1月号

2009_図書館友の会会報 №36 9月号

2009_図書館友の会会報 №35 5月号

2009_図書館友の会会報 №34 1月号